介護業界の未来を考える

看護師の仕事をしていると、「これからは介護のことも考えていかなければ」と思うことが少なくないでしょう。看護師の経験を積んでいる方の中には、「入院してくる患者さんの年齢層が上がってきている」と実感している方も多いと思います。そのため、病院ではなく介護施設に興味がでてきたという方も多いようです。介護業界の未来について考えてみましょう。
介護業界では、現在でも人手不足の状態が深刻となっています。施設も不足しており、「施設に入りたい」と思っていても、入れない高齢者の方も少なくありません。そのため、一人暮らしを続け、孤独死などに陥ってしまうケースも少なくありません。このようなことをなくすためには、介護施設を増やすこと・介護施設で働く人でを増やすことが必要です。介護施設では、看護師が在中しそれぞれの体調管理などを行っていくことになるので、早めに体調の変化などに気づくことができ、処置をすることが可能となります。介護施設では、病院と比べると患者さんとの距離も近いですから、よりコミュニケーション能力も問われることになりますが、その分やりがいも感じられるでしょう。看護師がいるというだけで安心するという患者さんも多いので、多くの高齢者の支えとなることも出来るでしょう。
このように、介護業界の未来はとても問題が大きなものとなっています。少しでも多くの高齢者の方を守るためには、看護師の数も増やしていくことが課題です。看護師としての経験を積んできている方は、介護業界の未来を考え、今から介護業界でのプロフェショナルを目指してみませんか。早くから介護業界に携わってれば、その分介護業界での経験も多いことになりますから、やりがいも大きくなるはずです。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です